FC2ブログ
若い頃から海外ボクシングのスーパースター達に魅了され昔観た懐かしい試合を集め、まとめています。
ヘビー級 | クルーザー級 | ライトヘビー級 | スーパーミドル級 | ミドル級 | スーパーウェルター級 | ウェルター級 | スーパーライト級 | ライト級 | スーパーフェザー級 | フェザー級 | スーパーバンタム級 | バンタム級 | スーパーフライ級 | フライ級 | ライトフライ級 | ミニマム級 | ハイライト集etc | 
ボクサー達の名言集
タグクラウドとサーチ

> tags
ケン・ノートン ラリー・ホームズ ジェリー・クォーリー アーニー・シェーバース モハメド・アリ フェルナンド・バルガス オスカー・デラ・ホーヤ ジェフ・チャンドラー 村田英次郎 ピピノ・クエバス ローランド・ナバレッテ 崔忠日 ボビー・チャコン コーネリアス・ボサ・エドワーズ ラファエル・リモン バーナード・ホプキンス フェリックス・トリニダード マイケル・モーラー ジョージ・フォアマン アントニオ・セルバンテス 門田新一 ジェラルド・マクラレン ジョー・フレイジャー アレクシス・アルゲリョ ブルース・セルドン マイク・タイソン リディック・ボウ ナジーム・ハメド トム・ジョンソン アレハンドロ・ゴンザレス ルイシト・エスピノサ ケビン・ケリー パーネル・ウィテカー ロジャー・メイウェザー ウィルフレド・ゴメス クリス・ユーバンク ナイジェル・ベン ファン・ドミンゴ・ロルダン トーマス・ハーンズ フランク・ブルーノ ヘナロ・エルナンデス リカルド・ロペス マイケル・ワトソン サイモン・ブラウン モーリス・ブロッカー レイ・マンシーニ クインシー・テーラー ジュリアン・ジャクソン ジョン・ムガビ フリオ・セサール・チャベス 張正九 ムアンチャイ・キティカセム オスカー・ボナベナ マイケル・ドークス レノックス・ルイス ドノバン・ラドック ビロマール・フェルナンデス ロベルト・デュラン マイク・マッカラム ジェームズ・トニー イベンダー・ホリフィールド ウンベルト・ゴンザレス サマン・ソーチャトロン ウィラポン・サハプロム ナナ・コナドゥ アルバート・ダビラ マービン・ハグラー シュガー・レイ・レナード ファン・マルチン・コッジ レネ・アルレドンド 浜田剛史 マイケル・カルバハル ジェームズ・ダグラス ユーリ・アルバチャコフ フリオ・セサール・バスケス 上山仁 カール・ダニエルズ マニー・パッキャオ ローランド・パスクァ ブヤニ・ブング ヘクター・カマチョ エドウィン・ロサリオ 金光善 ティム・ウィザスプーン ホセ・ルイス・ラミレス フロイド・メイウェザー・Sr ウィルフレド・ベニテス アーロン・プライヤー トニー・タッブス マイケル・スピンクス アイク・クォーティ テリー・ノリス ロイ・ジョーンズ・Jr ラファエル・ルエラス ジェシー・ジェームズ・レイハ ドナルド・カリー マイケル・ナン コスタヤ・ジュー ザブ・ジュダー アイラン・バークレー ルーベン・オリバレス 廉東均 ガッツ石松 ケン・ブキャナン アルフレド・エスカレラ 小林弘 西城正三 ルーベン・カスティーヨ ビンス・フィリップス ジェイク・ロドリゲス ウェルカム・ニシタ ケネディ・マッキニー マイク・ウィーバー ヨリ・ボーイ・カンパス ウィルフレド・バスケス ウィリアム・ジョッピー ジョン・デビット・ジャクソン ホルへ・カストロ トニー・タッカー エリック・モラレス ジュニア・ジョーンズ ピンクロン・トーマス ディオベリス・ウルタド 朴政吾 ジョン・テート トレバー・バービック カルロス・サラテ アズマー・ネルソン ジェフ・フェネック 洪秀煥 ダニー・ロペス クリサント・エスパーニャ ロイヤル小林 ミルトン・マクローリー 柴田国明 ビセンテ・サルディバル マルコ・アントニオ・バレラ アルツロ・ガッティ ライオネル・ローズ 金沢和良 ジミー・エリス アーチ・ムーア フロイド・パターソン ソニー・リストン ガブリエル・ルエラス 亀田昭雄 ムスタファ・ハムショ アラ・ビラモア 大橋秀行 フリー・オベル ビト・アンツォフェルモ アラン・ミンター デミー・ムーア センサク・ムアンスリン アユブ・カルレ ルペ・ピントール ジョニー・オーウェン サルバドル・サンチェス エステバン・デ・ヘスス フランキー・ランドール マリオ・マルチネス フロイド・メイウェザー・Jr ボブ・フォスター ディック・タイガー カルロス・デ・レオン メルドリック・テーラー アンヘル・エスパダ アルフォンソ・サモラ

タグ登場回数(ボクサー名をクリック)

多機能カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
boxing theater twitter
最新コメント
  • 05/25:TAKEO

  • 05/02:takabon

  • 03/28:Teo

  • 07/08:TITO

  • 05/02:通りすがり

  • 08/27:名無しさん@ニュース2ch

  • 07/26:琉球人

  • 06/13:タケオ

是非1クリックお願いします
ボクシング劇場 動画館
≪2020.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2020.07≫
ページナビ
最新記事
プロフィール

TAKEO

Author:TAKEO
昔懐かしいスーパースター達の名勝負を検索フォームやタグクラウドを使って国名やボクサー名で絞り込みできます。完全に管理人の好みなので1970年~2000年代の試合に絞っています。趣味の合う方は是非、稚拙な作りですが楽しんでいってください。高校時代からの夢は、いつかボクシングの聖地ラスベガスMGMへボクシング観戦に行く事です。その為に頑張ってポイント、マイルを貯めています。

夢のMGMへご協力お願いします!。無料会員登録して頂けると嬉しいです。
モッピー!お金がたまるポイントサイト

Gポイント

ポイントサイトのポイントインカム

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ハピタス

毎日楽しくお得にポイント貯めるなら、ECナビ!いますぐ無料登録!

2011.06.20 Mon
マイク・タイソンVSドノバン・ラドック 2
1991年6月28日ヘビー級12回戦
マイク・タイソン(アメリカ)VSドノバン・ラドック(カナダ) 2

20110620.jpg


早すぎるレフェリーストップが物議を呼び3ヵ月後、二人の
再戦が行われた。この試合も激しい撃ち合いの連続で
迫力満点の好ゲーム。2度の渡りタイソンと激闘を繰り広げた
ラドックの実力は無冠の帝王の名に恥じないもの。

(^人^)感謝♪


















1Rからタイソンの左右フックがラッドクにヒットし優勢に試合を
進めて行く。ケビン・ルーニーを解雇してからタイソンのスタイルは
強力なパンチ力に頼るものに変わった。全盛期の頭を良く振って
怖ろしいスピードで懐に飛び込むタイソンの姿は影を潜めた。

しかしラドックも中間距離から強烈なスマッシュを狙うスタイルだけに
お互い一発を狙う大味なボクシングが展開される。

ラドックは下がりながらタイソンが詰めて来るタイミングでスマッシュを
撃ち込む。このラドックのスタイルは第1戦と変わらない。
しかし一度、懐に入られるとタイソンの左右フックがラドックのボディ、
顔面を捕らえ全体的にタイソンが押している印象が強い。

2R半ばにはタイソンの大きな右フック一閃でラドックがダウン。
ダメージはそれほど深くないが、タイソンの追撃を受けピンチに
陥るラドックだがタフネスをみせつけこのラウンドを凌ぎ切る。

3Rはラドックが単発ながら左アッパー、右ストレートでポイントを
奪うが4R、ラドックの左ガードが下がったところにタイソンの狙い
すました右ストレートがヒット。ラドックから2度目のダウンを奪う。
しかしこのダウンもラドックの足が揃ったところにタイミング良く
入ったパンチでダメージは少ない。

中盤に入りポイント的にはタイソンがラドックに差を付けていくが
ラドックも得意のスマッシュでタイソンのマウスピースを飛ばすなど
その破壊力を見せ付け、いつ形勢が逆転してもおかしくない
雰囲気を漂わせる。

7Rには両者が激しい打撃戦を見せ、特にラドックの良い攻撃が
目に付いた。ラウンド終了後には観客から大歓声と拍手が上がる。

8R終了のゴングが鳴った後にラドックは故意にパンチを出してしまい
1ポイント減点。ポイントではさらに苦しくなった。

9Rには逆に再三注意を受けていたローブローでタイソンが減点1。

10R、タイソンの右からの左ボディで動きが止まったラドック。
さらにボディでラドックを苦しめるタイソンだったがレフェリーから
再びローブローでの減点を貰ってしまう。終盤にはラドックが
息を吹き返しタイソンが逆にピンチに陥る場面も。

11Rに入ると流石に両者に疲れが見え始めパンチの精度も悪く
なったのか、ともにローブローを連発する。しかし、KOを狙う2人に
いまさらポイントは関係なさそうだ。

12R、ポイントでは勝ち目が無いラドックは左のスマッシュに
逆転の望みをかけて攻撃するがタイソンを追い詰めるには至らず
試合終了のゴングが打ち鳴らされた。

判定は113-109、114-108、114-108の3対0でタイソンの
勝利に終わったがラドックの健闘を称える声も大きかった。

過去に12Rを逃げ回って判定に持ち込んだケースはあったが、
ブランク前のタイソンにこれだけ堂々と撃ち合って最後まで
持ちこたえたラドックは素晴らしい。それだけで賞賛に値する。
タイソンもラドックのスマッシュを何発も貰っていたが効いた素振りすら
見せないその姿には恐れ入った。

しかしこの試合を最後にタイソンは収監されてしまい4年という
長いブランクを作ってしまう。





関連記事

タグ : マイク・タイソン ドノバン・ラドック

テーマ:ボクシング - ジャンル:スポーツ
ヘビー級    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://boxingtheater.com/tb.php/188-248e8422

Top↑